スポンサーリンク

国内旅行

2歳児と行くならディズニーランドとディズニーシーどっち?

小さな子供を連れて東京ディズニーリゾートへ行く場合、ディズニーランドとディズニーシーどちらに行くべきか、迷ってしまいますよね。

一番いいのは2日かけて両方のパークへ行くことだと思うんですが、旅行のスケジュールやそれぞれの事情によってたった1日しか時間が取れないことも時にはあるのが悲しい事実…。

そんな時にはどちらを選ぶのが最善の策なのか、考えながらまとめていきたいと思います。

【子連れディズニー】ディズニーランドとディズニーシーどっちがいいのか問題

どちらがいいのか正解はないと思うのですが、先日両方に行ってきたので、実際にパークで過ごした体験をふまえて独断と偏見で語りたいと思います。

子連れディズニー旅行記はこちら▼

合わせて読む
2歳児と行く2泊3日!我が家の子連れディズニー旅行記

先日、友人ファミリーと合同でディズニー旅行に行ってきました。 初めての子連れディズニー旅行で当初は不安な面もあったのですが、行ってみると本当に楽しくて充実した濃い旅程になりました。 出発から帰宅までの ...

続きを見る

ちなみに、私の個人的な感想として結論から言うと「ディズニーシーがかなり良かった!!」です。

ディズニーランドの方が小さな子供でも乗れるアトラクションが多いので、ディズニーシーという意見はおそらく少数派なのだと思うのですが…。。。

私が感じた、それぞれのパークの良さや特徴をまとめていきたいと思います。

どう違う?ディズニーランドとディズニーシーの比較

ディズニーランド(TDL)

ディズニーランドは、様々なアトラクションが楽しめる「ファンタジーランド」や、キャラクターたちが活躍する「トゥーンタウン」など、大きく分けて7つのテーマランドで構成されています。

どのエリアでももちろん楽しめるのですが、2歳児と行くならファンタジーランドにある「イッツ・ア・スモールワールド」なんかが超・ド定番ではないでしょうか。

「イッツ・ア・スモールワールド」は、ボートに乗って「小さな世界」の楽しい音楽を聴きながら、世界各国を巡ることができる癒し系のアトラクション。

我が家の2歳児も楽しんでいたのはもちろん、子どもを抱っこしたまま乗れるので赤ちゃん連れの方なんかにもオススメのアトラクションです。

その他にもジャングルクルーズやアリスのティーパーティー(くるくる回転するコーヒーカップ)など、2歳児でも楽しめるアトラクションが盛りだくさん。

また、トゥーンタウンに行けばキャラクターたちが出迎えてくれる「ミッキーの家とミート・ミッキー」や「ミニーのスタイルスタジオ」など、2歳児にとっても楽しいスポットがたくさんあります。

ただし、ディズニーランドは人気のあるパークのため、混雑することがやや多め。長時間の待ち時間が発生することも珍しくありません。

2歳児と一緒に行く場合は、待ち時間が少ない時間帯を狙って、計画的に回ることが大切だと言えますね。

ディズニーランド攻略法については、こちらでまとめています▼

合わせて読む
2歳児と行くディズニーランド!完全攻略法

子どもが2歳にもなると、ミッキーやミニーに興味を持ち始める子も多いのではないでしょうか? 我が家もつい先日、2歳8か月の息子と共にディズニーランドデビューをしてきました。 我が家の体験談を含めておすす ...

続きを見る

ディズニーシー(TDS)

東京ディズニーシーはヨーロッパを舞台にしたエリアや、アラビアンナイトをテーマにしたエリアなど、様々なコンセプトのエリアで構成されており、景観の良さなども楽しめるテーマパークです。

夜景の美しさも有名だったり、パーク内で見られる美しいショーも見どころのひとつです。

特に2023年以降に行くなら「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」のショーは外せないところ。

実際に私も観覧したのですが、あまりの豪華さに鳥肌がたち、思わず涙が出てしまいました。これだけの大迫力のショーが無料で見られるなんてすごすぎると思います。

ビリーヴのショーについてはこちらで詳しくまとめています▼

合わせて読む
ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の魅力まとめ

2022年11月11日、東京ディズニーシーの新しいナイトショー「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」が公開されました。 実はこのショー、東京ディズニーリゾートで新しい歴史が生まれたと言っても過言では ...

続きを見る

アトラクション面では「マーメイドラグーン」や「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」なんかがオススメです。

マーメイドラグーンのエリアの中にはさまざまな幼児向けの乗り物があるので、小さな子ども連れでも気兼ねなく楽しむことができます。

そしてシンドバッドは、屋内エリアの水の上をボートに乗って進むというアトラクション。

簡単にいうとディズニーランドにある「イッツ・ア・スモールワールド」と同じような雰囲気なので、楽しい音楽を聴きながらまったりと船旅を楽しむことができる乗り物です。

ディズニーシーの良い所はディズニーランドに比べて混雑度がやや低めだというところ。そのため、2歳児と一緒にのんびりと過ごすことができます。

ただし、ディズニーシーのアトラクションはディズニーランドに比べて多少大人向けになっているので、2歳児と楽しむためには事前にリサーチしておくのもポイントですね。

我が家の場合のディズニーシーでのタイムスケジュール▼

合わせて読む
2歳児と行くディズニーシー!順路とタイムスケジュールまとめ

先日、友人ファミリーと一緒に「子連れディズニーシー」デビューをしてきました。 息子の年齢は2歳8か月。 ディズニーシーと言えば少し大人向けなイメージがあり、「2歳の子どもを連れていって楽しめるんだろう ...

続きを見る

どちらに行くのか、迷った時の選び方

ディズニーランドとディズニーシー、2歳児と行くにはどちらが最適なのか…熱心に考えれば考えるほど、悩んでしまうことも。

もしどちらか決めきれずに迷っているのなら、それは決して優柔不断なのではなく、それだけ家族みんなのことを考えて真剣に向き合っている証拠だと思います。迷った時は以下の項目を参考にしてみてください。

アトラクションの種類で選ぶ

ディズニーランドには、「イッツ・ア・スモールワールド」や「ジャングルクルーズ」など、2歳児でも楽しめるアトラクションが多数あります。

一方、ディズニーシーは大人向けのアトラクションが多く、2歳児が楽しめるアトラクションはやや控えめ…。。。

つまり、よりたくさんのアトラクションに乗ることを優先したい場合は、ディズニーランドがおすすめです。

キャラクターとの出会いで選ぶ

ディズニーランドには、キャラクターたちと出会えるスポットがいくつかあります。

パーク内で出会えるキャラとしては、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドやデイジー、プーさん、ピグレット、シンデレラやアリスなど、2歳児に人気のキャラクターたちもたくさん。

ディズニーシーにもキャラクターたちがいますが、ディズニーランドに比べるとやや少なめです。

キャラクターとの出会いや触れ合いを優先したい場合は、ディズニーランドがおすすめです。

混雑度で選ぶ

パーク内は常に多くの人で賑わっているため、混雑度が高いとアトラクションやショーの待ち時間が長くなってしまいます。

中でもディズニーランドは混雑度が高く、待ち時間が長くなる傾向があります。

一方、ディズニーシーは混雑度が低く、待ち時間が比較的短く済むことが多いです。

混雑度が重要なポイントである場合は、ディズニーシーがおすすめです。

パークの広さ・移動距離で選ぶ

ディズニーランドとディズニーシーとでは実は広さはそんなに変わらないのですが、ディズニーシーの方が広く感じるという声がよく挙げられます。

この要因としては、ディズニーランドでは中心のシンデレラ城を経由してコンパクトに移動できるのに対して、ディズニーシーの中心にはハーバー(海)があり各エリア間を迂回して移動するという理由が考えられます。

歩いてまわるにはディズニーシーでは少し大変かもしれませんが、海や景色を眺めながらゆっくりと散策することができるため、子どもとのんびり過ごすことができるという一面もあります。

ショー・パレードの内容で選ぶ

東京ディズニーリゾート内では日々さまざまなショーが開催されていますが、どちらかと言うとディズニーランドの方が2歳児でも楽しめるショーがたくさんあります。

一方、ディズニーシーは大人向けのショーが多く、2歳児が楽しめるショーはやや限られてくるという印象。(と言っても、我が家の2歳児はディズニーシーのショーで問題なく楽しんでいました。)

また、ディズニーランドではお昼や夜のレギュラーパレードや、スペシャルイベント中の期間限定パレードが開催されていて、シンデレラ城を囲むように「パレードルート」というものも存在します。

パレードルートが長く、パレードを見られる位置がたくさんあるので、ショー中心のディズニーシーと比べると場所取りもしやすくなっています。

これらのことから、ショーやパレードを見ることを優先したい場合は、ディズニーランドがオススメだと言えます。

「移動手段の多さ」を優先するなら、ディズニーシー

色々と比較ポイントをあげてみましたが、我が家の場合は移動手段の多さが決め手となり、「どちらか選ぶならディズニーシーの方がいい!」という結論に至りました。

と言うのも、息子は電車・船・車など、乗り物全般が大好きなタイプなので。乗り物というのは、アトラクションではある必要はなく、何だっていいんです。

ディズニーシーでは各エリアの移動距離が長い分、移動のための乗り物が豊富にあり、アトラクション感覚でかなり楽しめました。

トランジットスチーマーライン

移動手段として使える船のトランジットスチーマーラインは、ベビーカーごと乗れるので便利でした。

昼食後は用がなくてもこれに乗って息子は昼寝+親は休憩できるという優れもの(笑)

↑寝ないことに定評のある息子も、船の揺れというゆりかご効果でぐっすりでした。

エレクトリックレールウェイ(トロリー)

こちらもベビーカーごと乗れる便利な乗り物です。見た目がレトロで可愛い♡

移動手段としても便利ですが、高い位置にあるレール上を走るので、上からパークを見下ろすことができます。

息子も車窓からの風景を大興奮しながら堪能していました。

ビッグ・シティヴィークル

ビッグ・シティヴィークルは、車の荷台に人が乗れるようになっているクラシックなデザインの乗り物。

見た目も可愛いし見るからにテンションが上がる乗り物です。

これまた息子は大喜びで「バイバーイ!」とはしゃぎながら、歩いてる人たち全員に手を振ってドライブを楽しんでいました(笑)

その他にもパーク内では、乗り切れないほどの楽しい乗り物がたくさん行き来しています。

乗り物大好きな息子は目を輝かせながら終始大興奮していました。

しかも、何がいいって、アトラクションと違って移動手段なのでそこまで混んでいないんですよね。

ハイシーズンのかなり混雑している日に行ったのですが、どれも5〜15分ほどの待ち時間で乗れたのが最高でした。

まとめ

我が家の場合、特にこれと言ったこだわりがなかったので、ゆったりと過ごせるディズニーシーの方が快適に遊べて良かったと思います。

11月半ばのクリスマスシーズンに行ったので、パークのいたる所にあるクリスマスの飾りつけを眺めながらベビーカーで散歩するのが息子だけでなく私にとっても楽しい時間でした♪

我が家のように「なんとなくディズニーの雰囲気を楽しめたらいい」という方にとっては、ディズニーシーの方が合っているかもしれませんね。

どちらのパークを選んだとしても2歳児が楽しむには申し分のない最高の場所だと思うので、是非事前準備をしっかりと整えて、充実した時間を過ごしてください♪

合わせて読む
子連れディズニーの持ち物リスト&便利グッズまとめ

先日、お友達ファミリーと一緒に子連れディズニーデビューをして参りました。 2歳の子どもを連れて行ったのですが、持って行って役立ったアイテムや便利だった持ち物を振り返りながらまとめてみたいと思います。 ...

続きを見る


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-国内旅行
-,