スポンサーリンク

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションが含まれています。

国内旅行

【夏ユニバ】猛暑日のUSJを子連れで楽しむための攻略ポイント!

夏の暑い日に子供たちと一緒にUSJに行くのはすっごく楽しい反面、大混雑や暑さによる体力の消耗が心配な面も…。

そこで、夏のUSJをより快適に楽しむためのポイントをまとめてみたいと思います!

チケット購入と早めの入場

USJは夏休み期間などは非常に混雑します。

チケットを事前に購入しておくのは大前提として、「1つ目のアトラクションに並ばずに乗りたい!」と考えているなら、早めに入場することも大切です。

オープンと同時に入りたいと考える方はとても多いので、開演時間に合わせてパークに行くと既に大行列なので遅れをとることになります。

もし早めに入場するなら、朝7時には着いて並んでおきたいところ。(夏休み期間中はもっと早く行く方も珍しくありません…)

小さな子ども連れで早く行くのが難しい場合は無理せずに。混雑するアトラクションがメインでない場合は、朝9時頃に行っても十分楽しめますよ♪

涼める屋内アトラクションに行こう

炎天下で乗るジェットコースターもいいのですが、待ち時間も暑さでかなり体力を消耗するため、合間で涼しい場所をうまく組み込んでいきましょう。

特に屋内のシアター系アトラクションなら冷房がしっかり効いていて、確実にゆっくりと座って過ごすことができるので狙い目です。

中でもおすすめは3つ。

①シング・オン・ツアー(約20分)

映画「SING」で登場するキャラクターが実際に歌ったり踊ったりのライブショーを披露してくれるアトラクションです。

「SING」の映画を知っている人はもちろん、映画を知らない人も一緒になって楽しめるショーになっています♪

②プレイング・ウィズおさるのジョージ(約30分)

ジョージと黄色いおじさんが登場するアトラクション。

シアター内には観客席がズラリと並んでいますが、一番前には地べたに座れるキッズエリアが設けられています。

可愛く動きまわるジョージを見ながら真似っこ遊びを楽しむ演出もあり、小さな子どもから大人まで楽しめるアトラクションです。

③ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー(約30分)

MCを務めるビートルジュースとのかけあいが楽しい、USJの名物になっているロックンロールショー。

ドラキュラやフランケンシュタインが登場するのでホラー要素がありそうな見た目ですが、ショーの内容は超コミカル。客席からは笑いが絶えません。(3歳の息子もいつも楽しんでいます♪)

ただ面白いだけでなく、歌やダンスはかなり本格的なのでロックンロールショーとしても圧巻です。

洋楽ばかりですが、誰もが一度は聞いたことがある名曲ばかりなので、ロックも洋楽もよく知らない方でも楽しめると思います♪

休憩スポットの活用

暑い夏のUSJでは、こまめな休憩が大切です。

パーク内の涼しい休憩スポットをうまく利用して子供たちと一緒に涼んだり、休息を取りながら体力を回復させましょう。

屋内で冷房がしっかりきいているイチオシの涼しい休憩スポットを3箇所ご紹介します。

①エルモのプレイランド

小さな子どもが遊べる場所がたくさんあり、とにかく広くてイスやベンチもたくさん。

乗り物もあったり、モッピーのダンスも見れたり、この中だけでかなりたくさん遊べると思います。

子供用のトイレやおむつ交換台も完備なので、安心して過ごすことができますよ。

いつも子供たちがお昼寝したら親も一緒に休憩しながらここで座談会をしています(笑)

周囲はガヤガヤしているのに、すやすや眠れる子供たちがすごい…。(プレイランドで動き回って疲れる&涼しくて気持ちがいいと思われる)

②スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー

こちらはフライング・スヌーピーのアトラクションのすぐそばにある屋内施設。

昔からずっとあった施設ですが、私は子供が生まれるまで実は入ったことがなかった場所です。子連れでUSJに行くようになり、今では毎回絶対に訪れる常連客になりました(笑)

中では可愛いフォトスポットもたくさん。

ゲームもあったり、仕掛け遊びもできたり、ちょっとした滑り台もあったり。

子供は体を動かして遊ぶことができるし、大人は近くのベンチで座って見守ることができるありがたい場所です。

③おさるのジョージのゲームコーナー

おさるのジョージのアトラクション出口付近に、ゲームコーナーがあるのですがこちらも屋根ありの涼しい場所です。

パネルゲームが多数あり夢中で遊んでいる子がたくさん。

ゲームはたくさんあるので取り合いになることもなく、空いているところでじっくりと遊べる印象です。

出口を出た辺りには時々ジョージがグリーティングで出てきてくれますよ♪

ジョージのグリーティング時間は非公開なので、会えるかどうかは運次第です。

パレードやショーの時間を確認する

屋外のイベントは暑さの関係で公演時間が変わることがあるため、時間を確認しておいて見逃さないようにしましょう。

①ノーリミットパレード

ノーリミットパレードはお披露目当初からずっと午後(毎日14:00〜)に公演されていましたが、夏の期間は午前中(11:00〜)に公演されます。

また、あまりに暑い日はノーリミットタイムのダンスが中止で、フロートが止まらずに全て通過するという内容に変更されることもあるかもしれません。(私は気温35度の猛暑日に遭遇しました)

さらに危険レベルの暑さの時はパレードが中止になる場合もあります。

パレード開始の時間は事前に公式アプリで確認することができますが、中止になるかどうかは直前までわからなかったりするのでこればかりは天候と運次第…。

合わせて読む
【USJ】ノーリミット!パレードが楽しすぎた【ユニバ】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで2023年3月1日から新しく始まった「NO LIMIT! パレード」。 パレードの見え方や、混み具合はどんな様子なのかという参考にもなれば幸いです。 【USJ】NO ...

続きを見る

②スーパーマリオ・パワーアップサマー

マリオの特設ブースで水かけ祭りをする夏に大人気のイベントですが、なんと暑さ指数が上昇しすぎるとこちらも中止になる日が発生しています。

暑いからこそ参加したいイベントなのに、その暑さのせいで中止になるのも悲しいですが事実…。

イベントの中止は直前にアナウンスで知らされるので猛暑の中待っている方は辛いかもしれませんが、その際は他の水遊び場(地味に何箇所かあります)にただちに進路変更しましょう(笑)

合わせて読む
USJの水かけ祭り体験談!3歳児と行く夏ユニバの楽しみ方

先日、USJの夏の大人気イベント「スーパーマリオ・パワーアップ・サマー」に初参戦してきました。 4年ぶりに開催されるUSJでの水かけ祭りということでかなり盛り上がっていたので、当日の様子をレポしたいと ...

続きを見る

水遊びスポットを活用しよう

USJには、子供が自由に体を動かして遊べる水遊びスポットがあります。待ち時間もないので、空き時間の暇つぶしや暑さ対策で行くと効果的です。

ウォーターガーデン(噴水)

ワンダーランド内にある噴水は、リズミカルな動きで地面から水がピューッと飛び出してくる人気の水遊びスポットです。

全身水浸しになることはないレベルなので、軽めの水遊びにぴったり。水が怖い子も安心して遊べますよ。

セントラルパークフォールズ(滝)

こちらもワンダーランドエリアにある水遊びスポット。エリア奥の方にひっそりとあり、意外と知らない方も多いようです。

プールの感覚でそのまま中に入ってしまってもオッケーなので、暑い日は水着でがっつり入って水遊びをしている子供もたくさんいます(笑)

周囲に背の高い木がたくさんあり木陰になっているので、見守り隊の保護者にとってもありがたい場所であります。

夏のUSJで適切な服装と持ち物

夏のUSJでは日差しや暑さに注意が必要です。

薄着で快適に過ごせる服装や、帽子・サングラス・日焼け止めなどのUV対策をして、家族全員が体調を崩さないように心掛けましょう。

夏は水遊びをする子も多いので小さな子は水着や着替えがあるといいかもしれません。

パーク内は照り返しがきつくとにかく暑いのですが、家にある冷感グッズを総動員で過ごすと炎天下でもほんのちょっと涼しく感じることができます。

私のイチオシアイテムをいくつかご紹介。

①クールリング

首につけるだけで冷たくて気持ちいい。炎天下でも、顔周りが涼しいだけで暑さの感じ方が全然違います。

 

28度以下で冷たく凍ってくれるので、2個持ちして1個を保冷バッグに入れて、時々交換しながら使ったらかなり快適でした。

サイズもXS・S・Mとあり親子おそろいもできちゃいます。(3歳の息子はSで私はMを使用)

ミニオンのデザインもあり、パークでつけるとより一層可愛い♡

 

②冷感タオル

タオルを水で濡らして振ったらひんやり冷たくなる冷感タオル。首に巻いたり、頭に巻いたりしたら一気に涼しくなります。

濡らせば何度も使えるのでエコで便利。ネットでも色々売られていますが、私はダイソーのもので十分快適でした。

ドラッグストアなどでは時々使い捨てタイプも販売されていますよ。

 

③凍らせたドリンク

ペットボトルの水を家で凍らせて何本か持っていくと、保冷剤にもなるし冷たく美味しく飲めるので最高です。

保冷バッグに凍らせたドリンク、クールリング、冷感タオル、凍らせたゼリーなどまとめて色々と入れちゃいましょう。

大きめの保冷バッグが1つあると何かと入れられるので便利です。

 

ちなみにパーク内のレストランやカフェで袋を渡してお願いすると、このように氷をもらうことができるんです。

ランチやカフェ休憩のタイミングでこうして氷を補充しておくと、保冷バッグがいつまでも冷たくて快適ですよ〜。

まとめ

夏は日差しがきつくてかなり体力を消耗するので、涼しいポイントをうまく利用しながら暑さを回避していきましょう。

家族みんなが笑顔で過ごせる楽しい夏の思い出ができることを願っています♪

子連れUSJ(ユニバ)で役立つ持ち物リスト・便利グッズまとめ

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に子連れで行く際に役立つ持ち物リストや便利グッズをまとめました。 子供の年齢や好みによって必要なアイテムは異なると思うので、参考程度にご活用ください♡ 忘れち ...

続きを見る


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-国内旅行

© 2023 LIFE IS JOURNEY