スポンサーリンク

国内旅行 旅行

赤ちゃんと行く沖縄旅行【3泊4日旅行記】

こんにちは。花子です。

先日、お友達ファミリーと合同で0歳と1歳の赤ちゃんを引き連れて沖縄旅行へ行ってきました。

私は沖縄に行くのは2度目ですが、赤ちゃん連れで沖縄に行くのは初めて。

思い出の記録がてら、3泊4日で巡った旅程をまとめてみたいと思います。

 

旅行の計画・準備

2泊か3泊か?

まず初めに何泊するのかで迷いましたが、色々考えた結果私たちは3泊4日で行くことに決定。

赤ちゃん連れの場合はできるだけ短い日数の方が荷物が少なくてすみますが、2泊3日だと予定を詰め込むことになり旅程が少し慌ただしくなってしまいます。

赤ちゃん連れだからこそ、日数を多めに取ってのんびりと余裕をもって観光できるように計画することにしました。

事前リサーチはしっかりと「赤ちゃんファースト」で!

独身時代は行き当たりばったりの旅を好んでいた私ですが、それはもう遠い昔の話。

今回は赤ちゃんとの旅なので、観光スポットやレストランも赤ちゃんが不自由なく過ごせるかどうか「赤ちゃんファースト」で計画しました。

妄想しながら計画するのが楽しすぎて、最終的にパワーポイントで旅のしおりまで作成(笑)

食事くらいはなんとかなるかもしれませんが、いきなり突撃して赤ちゃんに不向きの店だったり、満席で違う店を探したりなど、無駄な労力を省くためにほぼ全ての食事場所も下調べして、可能な店は予約していきました。

 

荷造り

赤ちゃん連れなので大人1人は手があくように、家族全員分の荷物をスーツケース1つにまとめました。

旅行に行くときの必需品は普段からある程度セットにしてまとめているので、荷造りするときはそのままスーツケースに放り込んでいきます。

赤ちゃん連れ旅行必須の持ち物リスト

赤ちゃん連れで旅行に行く時は、大人だけで旅行に行く時と違って何かと気を使いますよね。 デリケートな赤ちゃんの荷物は現地調達できない物や代わりのきかない物もあるので、私なりの持ち物リストをまとめてみまし ...

続きを見る

今回は沖縄旅行ということで、張り切っておそろいの服なんかも買ってしまいました(笑)

沖縄旅行の時は夏服だけでいいので、荷物がかさばらないところがいいですね。

 

1日目

11:00 関空出発

赤ちゃんのことを考え早朝便はやめてのんびりお昼前の便で出発。

初めての飛行機の旅(しかもLCCのピーチ機)でかなりドキドキしましたが、なんとか大丈夫でした。

飛行機の搭乗記はこちらにまとめています↓

赤ちゃん連れでピーチの飛行機に乗ってみた【搭乗記】

先日、赤ちゃんを連れて初めて飛行機での旅へ行ってきました。 かなり心配したのですが、なんとか無事に飛行機での旅を終えることができたので、搭乗体験をまとめてみたいと思います。 これから赤ちゃんとの飛行機 ...

続きを見る

 

13:25 那覇空港到着

着いたらさっそくレンタカーを借りに行きます。私たちが予約していたのは「トラベルレンタカー」という会社。

いくつか調べた結果、最安値だったという理由で決めました。

空港を出たところにトラベルレンタカーの送迎バス乗り場があり、バスに乗ってレンタカー会社に移動するという流れです。

安いというだけあって私たち以外にも乗客がたくさんいてました。

空港から15分程でトラベルレンタカーの事務所に到着し、その後受け付けを済ませます。

事務手続きが完了して私たちが乗ることになったのはこちらのヴォクシー。

丸3日間(初日の午後~4日目の午後まで)借りて14,500円という破格の値段でした。

空港からトラベルレンタカー事務所まで送迎バスで約15分、その後手続きなども含めると空港に着いてからトータル1時間程で出発という感じでした。

 

15:00 瀬長島ウミカジテラスで軽食

ウミカジテラスは那覇空港から15分程のところにある、カフェやショップが連なっている場所です。

 

エリア一帯から美しい空と海が見え、さっそく沖縄らしい景色を堪能することができました。

 

「きじむなぁ」というタコライスカフェで軽食をとることに。

 

店内は可愛らしい感じです。

 

食べたのは一番人気というこちらの「オムタコ」。

一見普通の見た目ですが、食べるとエキゾチックな味がしてめちゃくちゃ美味しかったです。

食事をしたのは外のテラス席で。目の前が綺麗な海で最高の眺めです。

 

テラス席にはなぜか猫がたくさんいて、息子は追いかけるのに必死。

 

終始楽しそうに動き回っていました(笑)

 

17:00 那覇市内のホテルにチェックイン

初日は那覇市内にあるホテルオーシャンに宿泊しました。

ウミカジテラスからは車で30分弱。国際通りにあるので夜は観光や買い物もできて便利でした。

ホテルオーシャンの宿泊記はこちら↓

赤ちゃんと行く沖縄旅行【ホテルオーシャン宿泊記】

こんにちは。花子です。 先日沖縄旅行に行った際に、ホテル「オーシャン」さんに宿泊しました。   ホテルオーシャンは国際通りにあるホテルで、観光にとても便利な場所でした。宿泊した際の様子をレポ ...

続きを見る

 

19:00 国際通りの居酒屋で夕食

国際通りには居酒屋がたくさん。ホテルは夕食なしプランなので、外へ出て夕食をとることにしました。

私たちが行ったお店はこちら。

①琉球ダイニング地酒横丁

沖縄料理とお酒が豊富な居酒屋で、コロナで自粛していなければ民謡ライブが楽しめるお店です。

店内も広々としていて、赤ちゃん連れでもゆったりと食事をすることができました

琉球ダイニング地酒横丁

住所:〒900-0014  沖縄県那覇市松尾2-8-13 2F
 TEL:050-5486-1224

 

②島唄ライブ居酒屋ちょんちょん

2件目のはしごで入ったお店です。

アットホームな居酒屋で、食事をしながら島唄ライブを見ることができました。

食べて、飲んで、歌って、踊って、お店もお客さんもみんなでワイワイ楽しめるお店でした。

島唄ライブ居酒屋ちょんちょん

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-3-20 アーバンコアビル101号
TEL :050-5485-8910

 

2日目

9:30 ホテル出発

お世話になったホテルとはここでお別れ。チェックアウトをして次の目的地へ向かいます。

11:00 海中道路で絶景ドライブ

海中道路は沖縄本島と離島(平安座島など)を結ぶ絶景が楽しめる道路です。

場所は沖縄中部の東海岸にあります。

海中道路が近づくにつれてだんだん見晴らしがよくなってきました。

 

この地点で携帯の位置情報を見てみるとまさに海の上。

 

海を眺めながら最高のドライブです。

 

途中で駐車場付きの展望スポットがありました。

 

近くでよく見ると透き通っていて本当に綺麗な海です。

 

海中道路の途中にある海の駅「あやはし館」

 

中では手作りの工芸品やお土産がたくさん売られていました。

 

不覚にも興味をそそられてしまった少し癖のあるサンダル…(笑)

 

上のフロアに行くと海が見渡せる展望台がありました。

 

11:30 「味華(あじけー)」でランチ

味華は平安座島(へんざじま)漁港にあるローカル食堂で、新鮮な海の幸を堪能することができます。

 

私が頼んだのは海鮮丼定食。

 

なかなかボリューム満点でした。

 

こちらは友人が注文したさしみ定食。

 

魚がいらない夫は沖縄そば。

 

お友達の息子くんは一生懸命離乳食を食べています。

 

よく見ると沖縄に来てから覚えた「てびちー(豚足)ポーズ」をしていました(笑)偶然ですが可愛い…

 

ちなみにお店の外はこの通り海で囲まれています。

 

食後は潮風を感じながらみんなでお散歩。最高の時間でした。

味華(あじけー)

住所:沖縄県うるま市与那城平安座9396-6
TEL:098-977-7783
営業時間:11:30~17:00
定休日:月曜日

 

14:00 ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークは、沖縄北部の名護市にあるパイナップルのテーマパークです。

パーク内ではパイナップルの歴史を学びながらカートに乗って植物の見学ができたり、パイナップルスイーツやパイナップルドリンクを味わうことができます。

赤ちゃんから大人まで楽しめる楽しいテーマパークでした♪

ナゴパイナップルパークの詳細はコチラ↓

赤ちゃんと行く沖縄旅行【ナゴパイナップルパーク編】

こんにちは。花子です。 先日沖縄旅行でナゴパイナップルパークを訪れました。 メンバー 2名の赤ちゃん(1歳0ヵ月と生後11ヵ月)と、その両親×2組の総勢6名のファミリー旅行。 思い出の記録がてら、ナゴ ...

続きを見る

 

17:00 ホテル「カフーリゾートフチャクコンドホテル」にチェックイン

2日目以降はカフーリゾートフチャクコンドホテルに宿泊。

沖縄中心部の恩納村エリアにあるので、翌日以降も観光するのに何かと便利です。

客室はリゾート感もあって全部屋オーシャンビュー

そして全部屋土足厳禁なので、滞在中は赤ちゃん連れでも安心して過ごすことができます。

赤ちゃん用のグッズやサービスも豊富で、離乳食は無料

帰りたくなくなるくらいいいホテルでした。

カフーリゾートフチャクコンドホテルの宿泊記はこちら↓

赤ちゃんと行く沖縄旅行【カフーリゾートフチャクコンドホテル宿泊記】

  こんにちは。花子です。 先日沖縄旅行に行った際に、恩納村エリアにある「カフーリゾートフチャクコンドホテル」に宿泊しました。 カフーリゾートは那覇市内からさらに北へ車で約1時間。 都会から ...

続きを見る

 

19:00 沖縄とんかつ食堂しまぶた屋で夕食

夕食はホテルのすぐ近くにある「沖縄とんかつ食堂しまぶた屋」へ行きました。

あぐー豚のとんかつ&しゃぶしゃぶの専門店です。

沖縄にきたらやっぱりあぐー豚を食べたいですよね。とんかつも美味しかったです。

座敷もあるので赤ちゃん連れでもゆっくりと食事を楽しむことができました。

沖縄とんかつ食堂しまぶた屋

住所:沖縄県国頭郡恩納村字前兼久96-1
TEL:098-923-1518
定休日:水曜日
公式サイト:https://okinawa-sinka.jp/shop/okinawa-tonkatsu/

 

3日目

10:00 美ら海水族館到着

3日目は朝から美ら海水族館へ行きました。

 

沖縄と言えばやはり行っておきたい美ら海水族館。

巨大水槽で見る美しい魚たちは本当にすごい迫力です。

 

昼食はジンベエザメを眺めながら頂くというスペシャルな体験もできました。

 

幻想的な世界を楽しむことができて、本当にいい思い出になりました。

 

美ら海水族館の詳しい内容はこちら↓

赤ちゃんと行く沖縄旅行【美ら海水族館編】

こんにちは。花子です。 先日沖縄旅行で初めて美ら海水族館に行ってきたのですが、あまりの美しさに感動してしまいました。 メンバー 2名の赤ちゃん(1歳0ヵ月と生後11ヵ月)と、その両親×2組の総勢6名の ...

続きを見る

 

15:00 古宇利島(こうりじま)へドライブ

水族館の後はさらに車を走らせて古宇利島(こうりじま)へ。

古宇利島は美ら海水族館と同じ北部にあるので、セットで行くのがスムーズでした。

沖縄本島と古宇利島の間には古宇利大橋があり、その長さは全長1960m。

橋を渡る前に脇道があったので車を停車させてみました。

 

奥に見えるのが古宇利大橋です。橋の左右が海に囲まれています。

よく沖縄のパンフレットなどで見かける「THE 沖縄!」という景色ですね。

もう少し進むと橋の手前に展望スポットがありました。こちらでは車をきちんと駐車してゆっくり景色を眺めることができます。

 

本当にきれいな海。

 

よく見ると橋を歩いて渡っている人が見えます。海を眺めながら最高のお散歩ですね。

 

車で橋を渡っている時の景色。

道路がガラガラで貸し切り状態だったので、風を感じながらのんびりと運転してもらい、最高のドライブでした。

 

16:30 古宇利島到着

古宇利島の入り口にあるお土産屋さんに立ち寄ってみました。

変わったものがたくさん売られています。

こちらはアテモヤというフルーツ。

 

皮をむくとこんな感じ。

お味はとっても甘くて美味しかったです!

こちらはスターフルーツ

 

なんと、カットすると断面がスターの形に!面白い~。

食べた感想はみずみずしくて美味しかったです。食物繊維が豊富で、サラダにもおすすめのようです。

サトウキビも発見。

 

サトウキビは私が沖縄に来たら食べてみたかったものの1つです。

 

噛んだ瞬間にじゅわぁ~っと広がる甘みが美味しかったです♪

 

16:00 古宇利島カフェで休憩

古宇利島にひっそりとたたずむ可愛らしいカフェがあったので入ってみる事に。

 

店内の床はなんと砂です。おしゃれ~!

 

美味しかったのがこちらの島プリン

濃厚で美味しかったです♪

席も落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごさせていただくことができました。

 

店主さんがバナナを栽培しているらしく、帰り際のお土産に持たせてくれました。

このままここで店主さんと長々と立ち話(笑)店主さんは明るくて面白いし、アットホームで居心地のいいカフェでした。

古宇利島カフェ

住所:〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利325
TEL:080-2774-4609
営業時間:11:00~日の入りまで
公式サイト:http://kourijimacafe.com/

 

18:00 カフーリゾートホテルへ

帰り道、海に沈んで行く夕陽がとっても綺麗でした。

夕方の時間帯で幹線道路は少し渋滞気味でしたがなんとかホテルに到着。

 

19:00 三線の花で夕食

沖縄最終日の夕食は沖縄料理の居酒屋「三線の花」へ行きました。

 

カフーリゾートホテルのすぐ近くにあって、車なら2~3分、歩いても10分程の距離でした。

メニューは幅広くあって、とにかくどれを頼んでも美味しい!

 

お酒は見た目のインパクトがあるハブ酒を堪能。

 

気が付けば周囲は満席で賑わっていて、人気店でした。

座敷がありベビーチェアー等の対応もあるので、赤ちゃん連れでも不便なく食事ができました

ご飯がどれも美味しかったのでいつかまたもう一度行きたいです。

三線の花

住所:沖縄県国頭郡恩納村冨着756-1
TEL:098-989-5515
公式サイト:https://sanshinnohana.gorp.jp/

 

 

4日目

9:30 ホテル出発

最終日の朝。

贅沢な時間を味わわせてくれたカフーリゾートともこの日でお別れ。

全ての荷物をまとめてホテルをチェックアウト。

 

10:30 アメリカンビレッジ到着

最終日も飛行機の時間ギリギリまで観光を楽しみたいので、朝からアメリカンビレッジに立ち寄ることに。

アメリカンビレッジは名前の通りアメリカをイメージしたショッピングエリアです。

敷地内は異国感満載のオシャレな雰囲気。

 

ハワイアンカフェのコナズ珈琲もありました。

 

敷地全体にインスタ映えスポットもたくさん。

 

アメリカンな雰囲気を背景に写真を撮るのが楽しい♪

 

琉球グラスや子供服やお土産など、買い物もたくさんしました。

 

13:00 那覇空港着

レンタカーを返却後、那覇空港へ到着。

フライトの時間までに最終のお土産を購入したり、食事をしたりして過ごしました。

【お土産購入品】

①琉球グラス。自宅で使う用に、ペアで購入しました。

 

②アロハシャツ(笑)安かったので…。夫・私・息子用。今後何かの時に着ようと思います。

 

③紅いもケーキ&もずくスープ。

沖縄と言えば紅芋タルトの方が有名ですが、この紅いもケーキは試食したところすごく美味しかったので初めて購入してみました。

いくつか買って家族や友人に配りましたが、後日美味しかったと言われることが多く、かなり好評でした♪

もずくとめかぶのスープは以前人からもらったことがあって美味しかったので、リピート購入です。

 

15:00 那覇空港出発

朝からバタバタと動き回ったおかげで、2人のベイビーズはしっかりと機内で熟睡してくれました。

 

16:55 関空到着

これにて3泊4日の沖縄の旅が終了♪

充実した旅となりました。

 

まとめ

赤ちゃん連れということでメインの観光は1日1か所程度に絞り、残りの時間は絶景ドライブにするなど、バランスを意識して旅程を組みました。

大人も子供も疲労がたまらないように、また退屈しないように、1日のプランはメリハリをつけるのがポイントだと思います。

よっぽど時間が余った時のために、ショッピングモールやアウトレットなどといった予備プランも考えていましたが、時間を持て余すことがなかったので今回は行きませんでした。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-国内旅行, 旅行
-, , , ,

© 2022 LIFE IS JOURNEY Powered by AFFINGER5