スポンサーリンク

国内旅行

【横浜】桜木町のロープウェイ「ヨコハマエアキャビン」に乗ってみた

横浜の港町を一望できるロープウェイとして、最近話題になっている「YOKOHAMA AIR CABIN」に乗車してみました。

出発地点はゆずの歌にも出てくる桜木町の駅から。駅を降りるとそこには、近未来的な風景が広がっていました。

みなとみらいの都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)は、横浜みなとみらいに2021年4月22日開業した日本初の都市型ロープウェイです。

大阪に本社を置く「泉陽興業」運営のもと、世界最先端の技術を用いて安全かつ快適な施設づくりが行われています。

全長 約1,260m(片道630m)
最高高さ 約40m
キャビン数 36台

具体的には全キャビンバリアフリー対応、空気の自然循環による換気システム、さらに最新式バッテリーによる冷房システムや各種安全監視システムなど様々な分野で優れた機能が備わっています。

 

ロープウェイのルートはどこからどこまで?

引用:YOKOHAMA AIR CABIN 公式サイト

YOKOHAMA AIR CABINはJR「桜木町駅」と新港地区の「運河パーク駅」の2つのスポット約630mを片道約5分で結ぶロープウェイです。

アクセス

【桜木町駅】
・JR「桜木町駅」東口 徒歩1分
・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」北1口 徒歩1分

【運河パーク駅】
・横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」4出口(万国橋口) 徒歩7分

電車でアクセスする場合は桜木町駅から乗車して往復利用する方が歩く距離が短くて楽だと思います。

桜木町駅からはすぐ目の前にロープウェイ乗り場があるので迷うことがありませんでした。

 

YOKOHAMA AIR CABINのチケット料金は?

チケットの料金は以下の通りです。

【片道】
大人(中学生以上) 1,000円
子ども(3歳~小学生) 500円

【往復】
大人(中学生以上) 1,800円
子ども(3歳~小学生) 900円

搭乗するのに予約は不要で、現地に着いたらチケットは自動券売機で簡単に購入できました。

私たちは桜木町駅から往復利用のため、1,800円のチケットを購入。息子は2歳なので無料です。

チケットの割引はある?

残念ながらYOKOHAMA AIR CABIN単体でのチケット割引はありませんが、YOKOHAMA AIR CABIN+大観覧車「コスモクロック21」のお得なセット券が販売されています。

セット券の値段は以下の通り。

【片道セット券】
大人(中学生以上) 1,500円
子ども(3歳~小学生)1,200円

【往復セット券】
大人(中学生以上) 2,300円
子ども(3歳~小学生)1,500円

※セット券は自動券売機ではなく有人窓口での販売

コスモクロック21に乗る予定がある場合はセット券を購入することで大人料金で400円ほどお得になります。

 

YOKOHAMA AIR CABINの混雑状況(待ち時間)は?

私たちが行ったのはゴールデンウイークの真っただ中ということもあり、なかなかの盛況ぶり…入り口には「ただいまの待ち時間30分」と書かれていました。

30分と聞くと長く感じますが、並ぶ場所はほぼ屋内なのでさほど大変ではありません。

 

ちょうど駅前でジャグリングの大道芸が行われていたりしたので、建物の中から外を眺めながらみんなでおしゃべりしていたら割とあっという間でした。

実際には30分もかからず、並んだ時間を確認すると20~25分程の待ち時間でした。

2021年のオープン当初は2時間待ちだったこともあるようなので、それと比べると混雑状況はだいぶ落ち着いているのではないでしょうか。

 

キャビンは最大8人乗り

いよいよ私たちが乗車する順番がやってきました。

 

キャビンは1台につき最大8名まで乗車可能です。

 

私たちは友達ファミリーと一緒に大人4名+子ども2名の計6名で乗車しました。

最大8名といっても、グループごとに分けて乗車させてもらえるのでプライベート空間を満喫することができます。

2人だけで乗っているカップルの方もたくさんいて、みなさんとても幸せそうでした(笑)

 

ベビーカーも乗り入れOK

キャビンは全てバリアフリー対応なので、ベビーカーもそのまま乗り入れ可能です。幼児連れの私たちにとっては大助かりでした。

ただし、6名+ベビーカー2台はなかなかぎゅうぎゅう詰めでございます(笑)

 

ちなみにこのキャビン、中から外はよく見えるのですが外からは反射して中が見えづらくなっています。

子どもたちは乗り物に乗れるだけで大興奮、大人の私はこのなんだか近未来的なデザインに大興奮で終始テンションが上がりっぱなしです。

 

キャビンから見える景色

横浜エアキャビンの特徴は、なんといっても都会の景色を堪能できるロープウエイというところ。

 

山間を走るロープウエイはよくありますが、ビルの間を通過する都市型ロープウェイは日本初。キャビンから眺める風景は一味違います。

 

横浜のシンボル的存在のインターコンチネンタルホテルや、大観覧車「コスモクロック21」なども良く見えました。

 

2歳の息子は「うわー!すごーい!」などと叫んで終始大興奮。

大人の私が少し足のすくむようなシチュエーションも、怖い者知らずな息子は興味深そうに楽しんでいました。

 

夕日がきれい

ちょうど乗っている最中に夕日が沈んでいき、絶景になっています。

写真に写すのは難しいですが、実際には幻想的で美しい空でした。

都会のビルに映る夕日のオレンジ色。

 

ロープウェイに乗っていなければ、おそらくこんなに美しい景色を見ることはできなかったでしょう。

今回夕方に乗車したのはたまたまなのですが、幻想的な美しい景色を見ることができるので結構いい時間帯なのではないかと感じました。

 

運河パーク駅の周辺観光

運河パーク駅には、横浜みなとみらい21新港地区に位置する「横浜ワールドポーターズ」が隣接しています。

横浜ワールドポーターズはショッピングやアミューズメントなどで、一日中たっぷりと遊べるショッピングモール。レストランもたくさん入っているので食事を済ませることも可能です。

その他にもよこはまコスモワールドをはじめ、カップヌードルミュージアム横浜、横浜赤レンガ倉庫、ファミリーに人気の温浴施設「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」といった人気スポットも徒歩5〜6分の距離にあり、とても便利です。

引用:横浜ワールドポーターズ公式サイト

桜木町駅からロープウェイに乗って運河パーク駅へ→横浜ワールドポーターズで食事をとってから横浜赤レンガ倉庫など周辺を散策→再びロープウェイに乗り桜木町駅へ戻るという観光パターンも良さそうです。

注意

※横浜赤レンガ倉庫は、2022年5月9日(月)より設備メンテナンスに伴う大規模改修工事のため休館中。改修工事が終わるまでは広場などだけ楽しむことが可能です。

■休館期間:
2022年5月9日(月)~今冬(予定)

 

夜は駅舎もライトアップ

夜になるとロープウェイの駅舎はライトアップや映像による演出が行われ、昼とはまた違った姿を見ることができます。

桜木町駅

 

運河パーク駅

世界的な照明デザイナー石井幹子氏が駅舎やキャビンの演出照明計画の監修をされていて、夜のロープウェイ乗り場を華やかに盛り上げている印象です。

キャビンは洗練されたスタイリッシュなデザインなので、横浜の美しい夜景にも馴染んでいますね。

横浜という港町の美しい景観を壊さないために、シックな色味に統一されていて素敵です。

昼間・夕方・夜と、それぞれの時間帯で見える景色が変わるのでタイミングがあれば色々な時間帯で乗ってみたいなぁと思いました♪

まとめ

片道1,000円、往復で1,800円という運賃を高いと思うのか安いと思うのかは人それぞれ。

ロープウェイは排気ガスが発生しないので環境負荷が少ないこと。比較的人件費がかからないこと。そして何より空中から見る横浜の景観がとてつもなく美しいこと。

これらのことから私は十分魅力があるアトラクションだなと思いました。

大型のロープウェイと言っても知らない人と相乗りになることがないので、感染対策の面でも今のニーズに合っているのではないでしょうか。

個人的にはカップルのデートなんかにもぴったりだと思いました♪

横浜で観光する際には是非一度この空中散歩を体験してみてはいかがでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-国内旅行
-,

© 2022 LIFE IS JOURNEY Powered by AFFINGER5