スポンサーリンク

旅行お役立ち情報

【エポスカード】約13万円でエポスゴールドカードの招待がきた話

年会費無料のクレジットカードの中で、特に旅好きの方に大人気のエポスカード

エポスカードにはさらに上位ランクの「エポスゴールドカード」が有り、ゴールドカード界の中では比較的誰でも持ちやすいと言われています。

エポスゴールドカードの特徴

年会費が永年無料

通常は年会費5000円(税込)で持つことができるエポスゴールドカードですが、インビテーション経由でゴールドに入会した場合は年会費がなんと永年無料になります。

年会費無料で持てるゴールドカードと言えば、エポスカードとイオンカードくらいではないでしょうか。

この2つは高コスパ(というか無料)の、最強のクレジットカードだと思っております。

イオンカードについてはこちら▼

 

空港ラウンジが利用できる

エポスゴールドカードを持っていると国内外で空港ラウンジを無料で利用できるようになります。

特に国内は主要な空港をほぼ網羅しているので、飛行機に乗る機会の多い方は持っているとかなり使えるのではないでしょうか。

フライト前の空き時間で、飲み物を飲みながら優雅に過ごすリラックスタイムを満喫できちゃいます。

使用できる空港一覧

海外旅行保険が手厚くなる

海外旅行中にけがや病気をした場合や持ち物を紛失した場合は、上限金額まで補償する傷害保険が自動で付帯されます。

通常のエポスカードでも自動付帯ですが、ゴールドカードになると上限金額が大幅にアップするので何かあった時に強い味方となってくれるでしょう。

海外旅行保険の詳細はこちら

ポイントの有効期限が永久

エポスゴールドカードは貯まったポイントが永久に失効しないという大きな特徴があります。

通常エポスカードはポイント有効期限が2年ですが、エポスゴールドカードだとポイントの期限を心配する必要がなくなります。

気がついたら貯まったポイントが消えていた、なんてことがないので使いたいタイミングまでじっくりと寝かせることも可能です。

3つのお気に入り店登録でポイント3倍

エポスゴールドカードで多くのユーザーに喜ばれているのが、200円の利用で3ポイントが還元される「ポイントアップショップ」サービスです。

よく利用する店を3つまで登録でき、そこでクレジットを利用すれば、基本の3倍のポイント(通常は200円の利用で1ポイント)が付与されます。

スーパーやコンビニだけでなく、モバイルSuica、公共料金、保険の支払いなど幅広く登録可能で、ポイントが溜まりやすいのが特徴です。

 

ゴールドカードのインビテーションがくるまでの基準は?

まずはエポスカードの作成が必須条件

既にエポスカードを持っている方は不要ですが、まだお持ちでない方は通常のエポスカードを申し込む必要があります。

申し込みはこちらから

年会費永久無料【エポスカード発行】

インビテーションの審査基準は非公開

残念ながら2022年現在、インビテーションの審査基準は公式に発表されていません。

今までにインビテーションが来たことがある人たちの情報から、以下の2点が主な条件ではないかと噂されています。

①エポスカード作成後1年が経過していること

②エポスカードを年間50万円以上利用していること

実際にはこの条件をクリアしているのにインビテーションが届かない人もいたり、逆に私はこの条件を満たしていないのにもかかわらずインビテーションが届きました。(詳しくは後述します)

 

私のエポスカード歴

私がエポスカードを作ったのは今から約10年ほど前。マルイで買い物をしている時に10%OFFセールにつられてカード申し込みをしました(笑)

普段は別のクレジットカードをメインで使っていたこともあり、エポスカードはこの時の買い物以来ほとんど使う事はなく長年ただ持っているだけのカードになってしまっていました。

唯一使ったと言えばインド旅行に行って体調不良で入院した時。海外旅行保険が付いていたおかげでインドの病院での入院費・治療費を全額負担していただきました。

関連記事▼

【インド女子旅】女3人でトラブルを体験しまくった話

一度行くと人生観が変わると言われるほど素晴らしい国インド。でも一歩間違えると危険と隣り合わせです。 私は以前女子旅でインド旅行へ行き、「ガイドブックに載ってあるよくあるトラブル集をほぼ制覇したのでは? ...

続きを見る

これを機にエポスカードの素晴らしさを再確認することになり、どうせなら私もエポスゴールドカードを目指してみようと思うきっかけとなりました。

最短でエポスゴールドカードを目指すためにやったこと

思い立ったが吉日。とりあえず眠っていたエポスカードを財布に入れ、基準と言われている「年間利用50万円」に到達するためにどんどん積極的に使っていくことにしました。

いつでもどこでもエポスカード

今まで別のクレジットカードをメインで使っていたのですが、そちらは使うのをやめて全てエポスカードで支払うことにしました。

公共料金等の固定費は夫の支払いのため、主にスーパーや娯楽施設、飲食代などで現金ではなくカードを徹底的に利用しました。

ネットショップに登録しているカード情報の変更

楽天市場やAmazonで登録しているカード情報を全てエポスカードに変更し、ネットショッピングをする際にうっかり別のカードで支払う、ということを防ぐようにしました。

少額でもカード払い

日常の少額の買い物でもエポスカードで全て支払うようにしました。

今まではなんとなく大体2,000円以下は現金で支払うことが多かったのですが、たとえスーパーで数百円の買い物をした時でもクレジットカードを使える店では常にエポスカードで支払いをしました。

 

意外と早く来たインビテーション

それは突然やってきました。

ある日ふといつものようにエポスカードのアプリを開くとついにゴールドカードへの招待が表示されたのです。

日付は8月13日。

エポスカードの使用を強化していこうと決意したのは5月下旬で、3か月もたっていません。

ちなみに金額にすると50万円どころか15万円も使っていません。

実際にカード利用した金額は以下の通り。

6月(4/28〜5/27利用分) 8,503円
7月(5/28〜6/27利用分) 62,063円
8月(7/28〜8/13利用分) 62,690円※途中経過

8月分はまだ締め日がきておらず、13日時点での途中経過の金額になっています。

合計を計算すると、6月・7月・8月前半の約2か月半での使用金額合計133,256円でゴールドカードへのインビテーションが来たということになります。

思ったよりも早く招待が来たので驚きました。

13万円×4=52万円なので1年で50万円以上使用と換算されたのでしょうか。

ちなみに133,256円に到達するまでにカードを切った回数は明細で確認すると36回でした。

ゴールドカードの招待がくるまでの私の状況をまとめるとこんな感じです。

①約2か月半で13万円強の利用(その後も継続して利用中)
②支払いは常に一括払いのみで使用
③エポスカードは10年以上保有している

さっそくゴールドカードの申し込みをして(と言っても招待が来た時に申し込むというボタンをクリックしただけ)翌週にはゴールドカードが手元に届きました。

ゴールドカードを目指そうと決めてから、カードを実際に手にするまでちょうど丸3か月でした。

思った以上に簡単に手に入ったのでゴールドカードを目指しておきながら、実際に手にした時は驚きを隠せませんでした。

とりあえず迷ったらエポスカードは作っておくべし

はっきり言ってなぜこんなに高待遇なカードなのかよくわかりません。

ちなみに私は特別お金持ちでもなんでもなく、至って平凡な会社員です。

他社のゴールドカードと比べても見劣りしないサービス内容なのに、比較的簡単に手に入るハードルの低いゴールドカードではないでしょうか。

まだエポスカードをお持ちでない方はとりあえず発行するだけしておくと、いつの日かゴールドカードを手にすることができるかもしれませんよ。

エポスカードのお申し込みはこちらから▼

年会費永久無料【エポスカード発行】


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-旅行お役立ち情報

© 2022 LIFE IS JOURNEY Powered by AFFINGER5