スポンサーリンク

0歳〜1歳 子育て

【生後6ヵ月】BCG予防接種の流れと経過について【体験談】

ハンコ注射という名でも知られているBCGの予防接種。

自分も小さい頃に受けてきたし、ほとんどの人が通る道とは言え、いざその時を迎えると赤ちゃん以上に親が緊張してしまいませんか?

私もドキドキしながら息子を連れて接種を受けてきたので、実際に経験した接種の流れや経過についてまとめてみようと思います。

BCGについて少しでも内容を知っておくことで恐れずに接種を受けることができるかもしれませんので、これから接種を受ける方の参考になれば幸いです。

 

そもそもBCGは何のためにやるの?

BCGとは、結核の予防接種です。

結核は明治時代から昭和20年代までの間「国民病」と恐れられ、昭和25年まで日本の死亡原因の第1位でした。

医療水準の向上により薬をきちんと服用すれば完治できる時代になりましたが、今でも日本では年間2千人以上の人が命を落としている重大な感染症です。

1度ワクチンを接種すれば、その効果は10~15年は持続するといわれています。乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので重症化しやすいため、生後1歳になる前まで(目安生後5か月~8か月の間)にBCG接種を受けましょう。

 

BCG接種の流れ

私が住んでいるところは市の保健センターで、定期的に無料の集団接種が行われていました

4ヵ月検診を受けた時に接種の案内を受けたので日程を合わせて受けに行くことに。特に予約は不要でした。

この時の息子の月齢は生後6ヶ月に入った頃でした。

当日の朝

熱もなく体調もいつも通り問題なし。

というわけで予定通り接種を受けに行くことに。

家を出る前に、最後の記念に「押される前」の腕の写真を撮影しました(笑)

 

保健センターに到着

BCGの接種会場に入るやいなや、あちこちから赤ちゃんたちの悲鳴・泣き声が聞こえてきて、私も思わず動揺してしまいました…。

他の子の泣き声を聞いて息子ではなく私の方が目がウルウルしてきてしまうという情けない状態に…(笑)

夫が仕事の調整をして一緒に会場に来てくれたので本当に良かったと思いました。

 

いざ、接種!

BCG接種は、ワクチン液を上腕に垂らし、9本の針がついたスタンプを2カ所に押しつけて体内に入れ込みます。

注意

※この時にステロイド剤を服用している場合は、接種することができません。

先生も慣れているので作業は素早く、液を塗ってからポンッとスタンプを押すまで時間にして約15秒ほど。

緊張する間もなく、あっという間のできごとでした。

覚悟はしていましたが終わった直後から大泣きした息子。

抱っこしてなんとか落ち着かせながら隣の待合いスペースへ移動し、ワクチン液が乾くまで待機することに。

待機中は液が完全に乾くまで何も触れないように気を付けなければいけません。

赤ちゃんなのでよく動くし、保護者の髪の毛すら触れてはいけないので、地味に気を使い大変でした…。

2~30分程でようやく液が乾き、スタッフの方にチェックをしてもらって、全て終了!

家に帰ると何事もなかったかのようにケロッとしている我が子。さっきまでの涙はいずこへ…

機嫌よく遊んでいる上腕には、男の勲章が輝いていました(親バカ)。

 

BCG接種後の注意

予防接種を受けた際、以下の説明を受けました。

①接種当日の入浴は可能だが、過激な運動は避けること。

②BCGをしたところを揉んだりひっかいたりしないこと。

③接種後1~4週間頃に赤いポツポツができる→その後かさぶたができる→自然に取れて小さな傷跡が残るだけになるので、包帯をしたり絆創膏を貼ったりしないこと。

④結核に感染している人にBCG接種すると、上記の反応が早く出現し、10日以内に接種部位が腫れて可能し、2~4週間後に消炎、瘢痕化する(コッホ現象)。

⑤まれに接種をした側のわきのリンパ節が腫れることがある。

⑥BCGをした後がひどく腫れたり、3ヵ月たってもジクジクしたり、発熱などをおこした場合は医師の診察を受けること。

 

BCG接種後の経過

当日の夜

お風呂に入ってもいいとのことでしたが、なんとなく心配なので入浴時間はいつもより短めにしました。

 

翌日

少し跡が薄くなりました。

 

7日後

さらに目立ちにくくなりました。

 

24日後

やや赤みが濃くなってきました。

 

27日後

赤いポツポツがはっきりとしてきました。

 

35日後

かさぶたができてきました。

 

38日後

かさぶたが乾燥しています。

 

46日後

かさぶたが乾き、自然に剥がれてきています。

 

57日後

かさぶたがほとんど剥がれ落ちました。

 

4ヶ月後

ほぼ注射の跡が残っているだけになりました。

 

経過観察は長い目で注意深く!

今回息子は特に予期せぬ副反応は出なかったので一安心でした。

接種部位はすぐに反応が出るわけではなく、5~6週間後に時間差でピークがくるので、長い目で経過を観察する必要がありますね。

様子を見ていく中で、反応が早く出る「コッホ現象」が疑われる場合や、化膿してうみが出てきたり、ひどく腫れたり等、少しでも異変を感じるようでしたら医師に相談してみましょう


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-0歳〜1歳, 子育て
-, ,

© 2022 LIFE IS JOURNEY Powered by AFFINGER5