スポンサーリンク

0歳〜1歳 子育て

【赤ちゃんのでべそ】息子の臍ヘルニアの経過【自然に治る?】

こんにちは。花子です。

我が家の息子は生後2ヶ月の時に突然出べそになり、病院で臍(さい)ヘルニアと診断されました。

今回はこの臍ヘルニアの経過について、まとめてみたいと思います。

 

臍ヘルニアとは?

臍ヘルニアとは、赤ちゃんのへその緒が取れた後、おへそが飛び出してくる、いわゆる「出べそ」の状態のことです。

統計上は赤ちゃんの5人〜10人に1人の割合で臍ヘルニアになると言われています。

臍ヘルニアの原因は?

赤ちゃんが生まれて間もない時期はまだおへその真下の筋肉が完全に閉じていないため、泣いたりいきんだりして腹圧がかかることによって、筋肉の隙間から腸が飛び出し、おへそがぽこっと出て出べその状態になります。


 

息子は生後2ヶ月で突然出べそに

初めて息子の出べそに気が付いたのは、生後2ヶ月目に入って2週間ほど経った頃でした。

おむつを替えようとしたらおへそがこんなことに。

少し前までは普通のおへそだったのに、いつの間にか大きく膨れ上がっている事に気が付いてぎょっとしました。

横からみると完全にぽっこりと飛び出しています。

 

出っ張っているおへそを押すと、ぐじゅぐじゅといって一時的に引っ込むのですが、泣いてお腹に圧が加わった時にまた出てきてしまいます。

 

病院を受診

おへその異常が発覚してから数日後、小児形成外科のある大きな病院で診てもらうことにしました。

結果、診断されたのは臍ヘルニア。

と同時に、特に体には害がないので今は何もしなくてもいいと医師から説明を受けました。

臍ヘルニアは、1歳までに自然治癒する可能性が約80%、2歳までに自然治癒する可能性が約90%あると言われています。

先生がおっしゃるには、お腹の筋肉が発達していくにつれて自然治癒が期待できるので、2歳頃までは治療をせずに経過観察をしていきましょうとのことでした。

ごく稀に嵌頓(かんとん)といって、飛び出た腸管がおへその根本ではまって外れなくなることがあるそうで、その場合は緊急手術が必要になりますが、息子の臍ヘルニアの状態はその心配はないという見解でした。

 

放置か綿球圧迫か

診察室で不安げな顔をしている私に小児外科の先生は引き続きもう一つ対処法を教えてくださいました。

2歳までは基本的に様子見でもいいようですが、もし気になるようなら綿球による圧迫法というものがあるようです。

このような綿球を、へこませたおへその部分にはめ込んで、上からテープで固定するというなんとも原始的な方法です。


この方法の良いところは、自然に放置するより早く良くなるということです。

しかし同時に気になる点もあり、綿球をテープで固定する必要があるので赤ちゃんの皮膚がかぶれる可能性があるということ。

先生はどちらがいいとは言い切らずに、ご両親で決めて対処して下さいとのことでした。

この日の診察はここまでで終了。

家に帰ってからどちらの対処をするか、夫と話し合いました。

何もしないことで治りが遅くなるかもしれない、もしくは治らずに2歳を過ぎて手術をすることになるかもしれない。

その懸念もあったのですが、当時の息子は皮膚がかぶれやすかったこともあり、特に見た目以外の影響がないのならしばらく何もせずに様子を見よう、という結論に至りました。

 

その後の経過

生後3ヶ月

さらに出べそが目立ってきた気がします。

 

横からみたら膨らみがすごい…

 

生後4ヶ月

ピークが過ぎたのか、ほんの少し(一回りくらい)だけ小さくなった気がします。

綿球+テープの圧迫法をしないかわりに、せめておへそが隠れるハイライズのオムツで圧迫をするという親心(笑)

余談ですがオムツは色々試してみた結果、ナチュラルムーニーかパンパースがハイライズで良さげでした。(どちらも安くない…)

 

生後5ヶ月

おへそは大きいままですが、抑えなくてもくぼんでいることが増えてきました。

おへそより三段腹が気になる写真…

 

生後6ヶ月

ほんの少しだけ、おへその存在感が薄くなってきたような気がします。

 

 

生後7ヶ月

泣いた後でぽっこりおへそが飛び出しています。

 

横からみた写真がこちら。

以前よりもほんの少し小さくなってきてはいますが、まだまだ出べそです。

 

生後8ヶ月以降、とにかく動き回るのでなかなか写真を撮ることができず…

久しぶりに撮影してみました。

 

生後11ヶ月

まだ違和感はありますが、だいぶ目立ちにくくなりました。

また、泣いてもおへそが飛び出ることはなくなりました。

 

まとめ

綿球で圧迫していればもっと早く、かつもっとキレイな形になっていたのかもしれませんが、何もしていなくても自然と小さくなってくれたので安心しました。

現在も約半年に一度、状態を見てもらう為に小児形成外科に通院していますが、変わらず経過観察のみでいいとのこと。

引き続き2歳まではこのまま経過観察を続けてみようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-0歳〜1歳, 子育て
-, ,

© 2022 LIFE IS JOURNEY Powered by AFFINGER5